solivachi2

konoreのブログ、話がよく飛ぶ

悩み

 人の気持ちになって考えるのはひとつの手ではあるけれど、願いのために万策を尽くすとしたら、その反対もやるしかないのかなと思う。

 根本的な優しさとか強さとか、とても欲しいし、手にすべき物として微妙な努力はしているけれど、本当に根っから優しい人には及ばない。そういう人を引き留めることすらできない。つけ込むのもつけ込まれるのもむなしい。

 真似事で人に優しくしてその度に傷つけた。ごめんと言いたい、言いたいだけか。優しさが誠心誠意にならない。それでもずっと気になって、おこがましくもなんとかしてあげたくて、その人の気持ちになって考えてみる。

 考えたところでできることは無い。何もできないというより、励ましとか慰めとか、やろうとすると正気を失う。優しくしようとすると、心のどこかが割れ欠ける。合わさることもない。人間らしくしようとして悩んでるのに、一緒にどんどん変な生き物になってくような不安。そんなんが胸にたちこめるものの。

 少なくともこの目に映るあなたはケモノではない。認識のズレが気になって仕方がなくて、やむを得ず、滲む。