solivachi2

konoreのブログ、話がよく飛ぶ

ミスシンガポール

今年もたくさんの人に背中を押してもらって駆け抜けた一年でした。

押してもらうというかもーところ天ばりに押し出してもらいまして。

興奮したり頭を抱えたり、それがどんどん通り過ぎてく。

まだ何にもしてない。っていわれたらその通り。

既にすっごいカッコいいものたちにはいつも誠意を感じます。

私の誠意って何?って考えたら、自由でいることかなと思う。

色んな思い出さようなら。時間の旅。旅の時間。

誰もここで立ち止まってしまうことのないように。

よいお年を。