solivachi2

konoreのブログ、話がよく飛ぶ

あなたにもう一度会いたいと思うとき

わたしはただ酩酊してくしゃみのごとく思いをべしゃべしゃ発射するだけかもしれない。
何故か素晴らしきアトモスフィアのなか、良き思い出を餅のごとく膨らませるだけかもしれない。
責め抜かれても弾圧されても抑えきれないものが在れば赦されるのでしょうか? じゃあ在るよ。
無いものを在ると言い張る、いや違うね、召喚する力こそわめきたおすものの根性なのよ。
わたしは罰されても腑抜けにされてもこの小さい石つぶてで心をぶちぬきつづける。
今日の糧を不安に食い潰されずにいる、あなたの背中を見送る。
LOVEです。
この道行でまたあなたに会ってどーしようもなくギュッとするまで踊り抜く。
馬鹿がと言われても痣を気にしもしない。
テヒ!
?