solivachi2

konoreのブログ、話がよく飛ぶ

薙刀ブンブン圏

 ここしばらくなんか気分がよくない。

 なんか、っていうのは、知らない間にできてた十円ハゲみたいな、全くタイプじゃないのに同衾するみたいな、古くは理由なき反抗みたいな、そういう類のなんかで、とにかく説明しようがないがこの世に存在している。ってそんな感じね。わかります!? 

 といって原因がわからないから、さらに気分が悪くなってた。実際ひと月くらいかな。長いのか短いのか。諸悪に思いを馳せてもわからない。名前を聞いてもわからない。わんわんわわーん!! ・・・つって暦をみて気づいた。気づいたらとても易しい問題だった。あれだ、五月病だ。アハ(体験)。

 五月病って言葉に初めてしっくりきたけど、なんだか安心してしまうね。理由なく落ち込むのはとても嫌だよ。いつでもはっきりしてたい。好きも嫌いも、原因も結果も。昔から、元気でいたいがゆえに創傷して原因を追ったよなあ。さながらオペ。でももう麻酔なしじゃ死ぬ、絆創膏で済む傷は癒えて消えたわ。という激烈な感傷、もありけり。

 しっくりという言葉は、素敵な人が好んで使ってたから印象に残ってる。自分ごとピースに変えて同一のものになる感じ。っていうと微妙だね。そのきな臭さを含めて、人によく馴染む言葉。しかし、「納得は全てに優先するぜ」ってジャイロがいってたけど、これは支持できる。支持っていうのは、師事じゃなくて単なる憧れかな。それを貫き通して折れないのはかっこいいよ。折れそうな人の手助けにはなりたいな。と昔から、も、けり。

 さて、慌てふためいて口から出まかせを言っているのに、いつもとあまり変わらないですよお? と不思議がられるの、ガチなのか揶揄なのかマジ謎なんですけど、要は私の手の中に確かな感覚があってもなくても、それを捉えようとする言葉が同質なんでしょうね。たぶん。っていうとちょっと面白くないか。はっ、何が? って、なんか、ネ。

 自分のせいでたのしくなるのに一生懸命でいたい。そんな人が好き。本当にわかりにくいけど、面白がってくれるだろうか。大切にしてくれるだろうか。私を、私以外を。

 いつもありがとうと言わなければならないなあ。五月病のあとは五月闇、梅雨は、実際憂鬱と連れだって参るよ。また納得ずくでふけっちゃえばいいのかな・・・わんわんわわん! さ、おやすみ。