solivachi2

konoreのブログ、話がよく飛ぶ

バリポエ

 心からバリバリと血が流れてるときだよ、人がポエムとか書きたくなるのは。心痛ってのは自分で創り出すもので、言ったら自傷行為なんだ。ああ。あ。昔、控え室で自傷行為をした人がいたな。厳密にはこれからここで切って血を出すからと宣言していた対バンの人。体はともかく、心に血ぃは通ってない。血は心は何色でもない、透明。それをなおすっていうのは、直す、修正するってことで、リライトするってことだ。描き直す。でもいいよ。いま時の感覚といったら視覚だもんね。 

 私が連日文章を書くのは悲しいからだ。寂しいからだ。眠れない夜を持て余すのは、ただ目をつぶれないのは。悲しいとか寂しいとか云うエフェクトを踏んづけてしまった。そうなるともう悲惨な。全体的に悲惨。でもそれをいい感じにする方法があって、そのひとつが最初に書いたような行為。
 人によるからなんだっていいけど、その悲惨のただなかに綺麗なものを足す。耳に音楽鼻腔に匂い、花でも花みたいな人間でも。プライドは綺麗なものじゃないかもしれない、少なくとも吟味して。
 それらにも全てエフェクトかかる。かかったら当然、本質は掌握できない。修正をかけるために歪みのなかに放り込むんだから。ゆえにその後のことはめちゃくちゃになるかも知んない、けど、とにかく綺麗なものを足す。すると、それはひらっと作り事になる。
 美しいとか、綺麗とか気持ちいいのは超絶なこと。
 綺麗って心底思うのって、内ではなく外に向かってのこと。孤独なあなたのなかに美は存在しますか?
 感情は美化されてこの身から切り離れてく。私はいま一般的にかなり恥ずかしいことを書いてるのかもしれないけど、もうわからないもん。私は好きなことばを継ぎ合わせて切り離す。こうする事で透明が保たれる。新の心。真っ新のトーン。少しずつ切り離してこの本流が残った。

 そのためにどれだけのものを利用して誤解してきたのか震えるときもあるけど。そのとき命からがら必要としていたことは紛れもない。生きるってそういうことなのかなと考えはじめる。またポエムする。
 成熟には程遠くて新しい問題に悩まされてるんだ。だから寝れない。心にバリバリと血が流れてる。灰色の言葉が止まらないよ。