solivachi2

konoreのブログ、話がよく飛ぶ

叫べ。ファー - written on Sep 5, 2016

 不忍池には蓮華が咲きまくっていた。膨らんだような緑を眼下に見ていたら、「葡萄が食べたいからいらない」とバナナを貰った。まだ黒い斑点のない、すべらかな黄色のバナナだった。それを手に「ウホホ」と云った。私は。まさにうってつけの筈だった、でも辻褄が合わなかった。どれほど真剣だったとしても、然るべき場ではなかったからだ。

 数時間後部屋を辞し、電車に乗り、ルミネで奇麗なお姉さんに接客してもらった。そのとき頭に黄色がかすめ、「ああーこのお姉さんは、私の鞄にバナナ入ってるとは思わないよなー。ははっ、なんかテンション上がるなー」等と思った。健康で尋常だった。でも一体こんな処で何してんだろうと、思った。

 当事者だから皮を剥いて食べる。猛々しく。

 黄色い果実といえば、檸檬だから名を残せたのか梶井基次郎。爆弾好きは同じなのに。丸善をルミネに変えて、あらすじを辿ってみてもダメ。他人の理解を極めるのはバナナってとこで、滑るし、不味い印象を与えてしまう。

 瞬間の中で印象は永遠に語られるから困る。赤ん坊の粗相を父母たちは忘れない。あるいは父母面して忘れない。やめてくれなんて言わない、ただ拗ねるっ。大人気なくっ。モノホンの父母には観念。

 『檸檬』は以前、仕事として朗読したけど、それを聞いた友達がエッセイを書いたそうで、賞を獲って、掲載号が発売中だ。その連絡をもらったとき、私はただ胸をドキドキさせて困惑した。だってありがとうとまで言ってもらえたから。そんな夢みたいな、誰かのきっかけになるなんて夢が私に。この印象をこそ私は永遠に語りたい。

 注釈、バナナは好き。着地点ないけど終わる(話飛びすぎなので、キャディばりに叫んで)。