読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

solivachi2

konoreのブログ、話がよく飛ぶ

ゆるす - written on Dec 21, 2016

 毎晩ダイスキ、、と思いながら毛布をかぶって寝入ります。まじ、誰なのかわかりません。色んなものにですかね。わかりません。昼間は出来るだけゆるして、、と思いながら生きてますけど、これはわかった気になって書きます。許すって、そんな言葉がある時点で、既に結果が出ているものなんだと。

 私は言葉がどう使われているのかに興味があって、それを遠因に歌詞を書いたりしている。歌詞っていうのは願いや祈りで、現状叶っていないことが書かれていると思っているよ。偉大なる例外は山ほどあるけど、側にいてっていないからだし、どこも行かないでってすぐ行っちゃうからだし、いつの時代も愛らしくはびこるのはそんな歌。

 言葉と、状態は大概断絶されている。その距離をジャンプする機能として、肉声がつかわれる。

 それと同じように、「許す」って言葉は祈りに似ているよね。使われるのは「許したい」とき。それは事実、「許さない」って状態をもとに放たれる。放たれるけど永続的には飛んでいかない。環境には重力と軋轢がある。

 既に許されていない。

 それでも願っているのなら、遠くからくる許しの判をもらえるように頑張らなくっちゃ。それは猛進ではなく手品。信頼はいつもあざやかなんだ。また、許すことは受け入れることじゃなく、踏み越えられたラインに少し遊びをもたせること。まるで庭みたいだね。

 だから許せなくて苦しいときは許す。いや、許せるかああああっ。というところを、行き来しても大丈夫。遊びは自分で設定できる。針のむしろから下りても、変わらず自然でいられる。

 基本愛してるから、許せないって気がおさまらないんだろう。気持ちは繋がってる。でも、目の前に在る庭を広くできたらな。花が健気に咲けばな。開かずの扉もまあ良いものに見えるでしょう。高望みは三日坊主に化けるから、藪を分け分け、アプローチ作りをやっていこうね。